消費者金融や銀行からすぐにお金を借りるためには?

大手のカードローンで当日中にキャッシングするための条件・注意点を調べてみました!

カードローンで即日にお金を借りるためには?

お金を借りる

カードローンで即日お金を借りるためにはどうすれば良いのでしょうか?

ここでは即日融資を受けるための條件やポイントをご紹介します。

申し込んだその日にお金を借りるするためには、とにかく早く全ての手続きを済ませることが重要です。

申込はWEB上で行いましょう。

入力が簡単ですからそれほど手間もかかりません。

殆どのカードローン会社は24時間365日申込を受け付けているので安心です。

審査結果も比較的早く分かりますから、即日で借りれるの可能性も高くなります。

カードローン申し込みには本人確認書類と収入証明書を事前に用意しておくのも大切です。

消費者金融で借入れをする場合、借り入れ希望額が50万円以下の場合は収入証明書は原則不要です。

しかし稀に提出を求められることもありますので、出来れば収入証明書も手元に要しておくほうが無難です。

銀行系カードローンは総量規制対象外ですので、50万円を超える額でも収入証明書は不要となります。

消費者金融と銀行系カードローンはどちらも即日キャッシングに対応しています。

しかし銀行の場合仮審査、本審査、保証会社の審査とありますので時間がかかります。

名目上は即日でお金を借りることは可能であっても、実際はかなり厳しいです。

すぐ当日にお金を借りたいのであれば大手の消費者金融系に絞ったほうが良いでしょう。

借入希望額は多くなればなるほど審査が厳しくなります。

急いでいるのであれば借入希望額は出来るだけ低めにした方が良いでしょう。

キャッシングの方法は振込とローンカードの2種類あります。

振込キャッシングなら自宅にいながらお金を借りることが出来ますので、手間がかからずより早くキャッシング出来ます。

但し銀行の営業時間内つまり15時までに振込手続きを済ませないと、翌日以降の扱いになってしまいます。

金融会社によって條件は異なりますが、遅くとも14時までにはすべての手続を終え契約を済ませていないと即日でお金を借りることは厳しいです。

振り込みが間に合わない場合はローンカードによるキャッシングを選ぶと良いでしょう。

自動契約機で契約手続を行えばその場でローンカードを発行してもらうことが出来ます。

営業時間は店舗よりも長く、大体20時~22時までとなります。

もちろん金融会社によって営業時間は異なりますので、予め確認しておくようにしましょう。

また自動契約機なら土日でも契約手続が可能ですので、休日でもお金を借りることができ非常に便利です。

中小の消費者金融でも即日融資に対応している所はあります。

銀行や大手の消費者金融に比べ審査が甘いので直ぐにお金を借りれる可能性が非常に高いです。

しかしヤミ金が紛れていることが多く非常に危険です。

「多重債務者でも借入できます」「ブラックOK」など通常は借りれないような人でも融資を可能にしている業者は避けましょう。

金利負担が大きく返済が苦しくなり、借金地獄に陥る可能性が高いです。

公開日: